妊活に効果的!葉酸をサプリで摂取していく場合には心配になる副作用

葉酸とは水溶性のビタミンB群の一種です。

この葉酸を摂取する事で、身体中に酸素や栄養が行き渡りやすくなり、細胞の活性化にも役立っていると言われています。

また、葉酸には赤ちゃんのベッドになる子宮内膜をフカフカにする役割もあるため、受精卵が入ってきた時に着床しやすくするともいわれ、妊活には欠かせない栄養素だと考えられます。

葉酸は何から摂取できる?

葉酸は基本的に野菜に多く含まれています。

レバーなどにも多く含まれてますが、レバーはビタミンAが多く初期に過剰摂取すると赤ちゃんに異常を起こす可能性があると言われ葉酸摂取の為とはいえあまりお勧め出来ないとされています。

とはいえ野菜から十分な量の葉酸を毎日摂取し続けるのは難しいのです。

何故なら水溶性のビタミンのため、水で流れ出て行きやすく熱にも弱いため加熱すると多くが失われてしまう為です。

その為、妊娠を考えるなら葉酸はサプリで効率よく摂取するように勧められています。ちなみに、一番人気の葉酸サプリはベルタ葉酸サプリです。(参考記事:https://mama-yousan.com/

葉酸摂取で副作用はある?

葉酸はサプリになると必要摂取量は楽に摂取できる代わりに、過剰摂取する可能性が出てきます。

しかし元々が水溶性なので、過剰に摂取してもあまり問題がないと言われています。

何故なら過剰摂取した分は尿として排出される為に、悪い影響を与える事は考えられないとされるからです。

とはいえ、人によっては過剰摂取した場合に余分な分を排出しきれなくて副作用が起こる場合があるので注意が必要です。

その場合の副作用には、吐き気、下痢、貧血、かゆみなどが報告されています。

葉酸の副作用まとめ

葉酸は基本的には多少多めに摂取してもあまり心配は要らないのですが、度を超えてしまうと問題が起こります。

葉酸の摂り過ぎによっては赤ちゃんが大きく成長していく上で必要な亜鉛の吸収を悪くするとも言われています。

妊婦さんの1日の上限摂取量を確認し、葉酸をサプリで摂るなら量を守って続けて行くように気をつけましょう。