葉酸は妊娠中に必須!野菜は体にどの様な影響があるの?

妊娠中だけではなく、妊活中の女性にも1日に必要な摂取量の葉酸を摂ることを推奨されています。

しかし葉酸とは何なのか、どの食材に含まれているのか知らない人もいるのです。

葉酸とは何?

葉酸とは、ビタミンB群に属したプテロイルモノグルタミン酸です。葉酸は野菜や果物など、多くの食材からも含まれています。

摂取することで赤血球を増やす手助けになること、また、たんぱく質などの生合成の促進といった人間の体作りにも大きく貢献するビタミンの1つなのです。

新しい命を育てている妊婦にとっては、葉酸は重要な栄養素なのです。普段の食事でも多く摂取することが可能ですが、水溶性ビタミンということから摂取した以上に消費することあります。

その為、体内で不足しやすい栄養素の1つに当てはまるのです。

妊娠と葉酸との関係

妊娠しますと葉酸を積極的に摂ることを、医師や助産師から薦められることがあります。葉酸は、人間の体作りにとって重要なビタミンの1つです。

妊娠時には、お腹の中の赤ちゃんの成長を手助けすると共に、神経管閉鎖障害のリスクを減らすこともできます。

体内の葉酸が不足しますと、同じビタミン群のビタミン12も欠乏するだけではなく巨赤芽球性貧血を引き起こす可能性があります。

その為に、最近は妊娠時だけではなく、妊活中の女性や中高年の人にも不足しないように、葉酸 野菜や果物など食事メニューなども指導されています。

葉酸が含まれている食材と1日の摂取目安

食材によって、葉酸が含まれている量が違っています。

妊娠中や妊活中の女性は、どれくらい多く含まれているかを予めチェックしておきますと、食事のメニューを考える時にも摂取量の確認をしなくても済みます。

基本的に葉酸 野菜、果物、乳製品など幅広い食材に含まれていますので、意識しなくても普段の食事で賄うこともできます。

ただその中でも、パン酵母や海苔類やパセリといった食材には、多くの葉酸が含まれています。最近はケールにも、豊富な葉酸が含まれていることから、青汁やスムージーにも取り入れています。

成人女性ですと1日の摂取量が230~250μgの目安になっています。ただ妊娠中や妊活中の女性は、通常女性よりも+240μgも多く摂取することが望ましいのです。

1日の食事だけでは心配だなと感じる場合には、葉酸のサプリメントの摂取する方法もあります。

まとめ

妊娠中に葉酸を摂取することを呼びかけていますが、どれくらい必要な栄養素で赤ちゃんへの影響も紹介しました。

最近は出産後や子育て中でも、葉酸を不足すると体に影響が出てしまうことから、普段の食事にも意識をして摂取しましょう。